まいどおおきに

まいどおおきに!
えらい 温い冬 おそらく わたしの 60年の人生で 1番温い冬?
温い冬やから 釣れそうなもんやけど 1月3日の 初釣りで 10投目くらいに
ボゴッと 重みの乗らん 空振りバイト あったきり 何にもない。
琵琶湖平安樓から 舟出してる 道楽もんの 皆さんも みーんな あかん。
やはり 冬は冬らしい 冷え込まんと サカナも 戸惑い まんねんで。
うまいこと いかんのが 釣り でんな。

さて
2020 年 最初の 作品です。
まずは サーフェスクランクポッパー P & L
道楽ルアーにしては? よー釣れる 迷作?
お色が よろしい やろ。
頭の部分だけ 話題の 漆研ぎ出し「HADA」
後ろ半分は トラディショナルな 洋風。 和洋折衷カラー?
そして もうひとつも なんと ポッパー!
その名も R-67 有名な あれ でかしたやつ?
ハラダ 春から 水面で パコパコしたいんか?
わし 知ってんねん。
去年の暮れ とある おっさんに
あいつに なんの罪もない 因縁つけられて 怒っててん。
ほんで ほんまは そのおっさん パコパコにしたいはず なんやろ けど
いまどき 暴力は あかん?
ほんで パコパコ音する ポッパー わざわざ 自分で 削って こさえよったんや で。
これで おもいっきり パコパコ 水面 しばきたくる! つもりや で。
あー おもろいやんけー。
わしも ひとつ こーて パコパコしたるわ。
あの おっさんの顔 思い出して パッコパコ!
ええなぁぁぁぁぁぁぁぁあ。

それから 今月は まだ おまんねん。
お客さんから リクエストもろたりして 昨年から なんとなく 久しぶりに
こさえたーに なってきた 元祖透きうるし仕上げの ワームカラー
道楽デビューした 25年前?
まだ 工房も エアブラシやらも ないころ 自宅 風呂場で こさえてた
手塗り透きうるし仕上げの グリッターグリグリの 通称ワームカラー と
見よう見真似で こさえた 漆の研ぎ出し
なかなか おもろい 画期的な ルアーカラー
ワームカラーは よー釣れましたんや で。
手塗りは 汚いし かっこ悪いとか ゆうて
エアブラシ塗装の ルアー 大量にこさえるように なって
漆のワームカラーやら 研ぎ出しは 葬りさられた。
道楽らしい オリジナルやったのに なぁ。
最近 ヘラブナ釣り始めて ヘラ竿 ヒントに 漆の研ぎ出し 復活しましたやろ。
ほな 透きうるし仕上げの ワームカラーも?
しかも デビュー当時みたいなガタガタ仕上げ?
ほっ!わしの 出番やがな。
琵琶湖平安樓 MAISON NOIREの シャワールームには 腰高の カウンター ついてまんねん。
実は これ 手塗りルアー こさえるために 設計の 段階から デザインにいれてましてん。
琵琶湖 観ながら ルアー 手塗りできまんねん。
えーもん でっせ。めっちゃ 明るいし。
漆て 乾かすのに 湿気が いりまんねん。
湯船に 湯はったら 湿気も たっぷり
床 ワームカラーの ラメ落ちても 水で 流したら おしまいやし。
昨年 最初に こさえたんが 道楽で 一番釣れる しゃんはいみき!
2020年は ペンシルベイトの ザラデッセ
まず こさえてみましてん。
目は ビッグアイの アンダーウォーターライン。
この世には おらんのに?
生きてる みたいに見える? ルアーに 見える か?
なかなか ええ出来やと 思うねんけど な。
それと 春はミノー ゆうこと で 「公魚小春」
わかさきこはる て 読みまんねん で。
前々から 是非 こさえたかったんが 「HAGEGILL」
これ ガタガタのワームカラー似合う 思うねん な。
思わん? 
ほんまかいなぁ。
あーぁ。
わかる人に わかってもらえたら ええねん し。
また お店で見たって おくれやすぅ。

P&L

ボディだけでだいたい 9.0cm およそ32g

<はだあたま>13,200円

Lures: image 1 0f 3 thumb

R-67

ボディだけでだいたい 10.0cm およそ34g

<ぱろっと>12,100円

Lures: image 1 0f 3 thumb

back
TOPに戻る